1週間くらい空いちゃった。

こんにちは、もぐもぐです。

このところ、やはりも間もなく出産が近いのか体調を崩すことが多くなってきました。

結構人にもよるらしいですけど、もぐさんの場合は腰痛だとか息苦しさとか倦怠感ですね。

妊娠後期って本当にこんなに大変なんだなーって自分のことでもどこか他人ごとな感じがあります。

もちろんもぐさん自身周囲の友人に妊婦さんがいなかった訳でもないので本当に大変なのはある程度覚悟していました。覚悟していたとしてもそれでもやっぱりって感じですね。

だからこそ、自分だけでは何ともならないから心の支えでもいいから旦那に励ましてもらうって本当に大事な事なんだなーって思います。

近況です

諸事情により、旦那と別れました。出産前に。すごくショックでした。だからこそ言えます、本当に経済的な援助が無くても、側に居なくても、それでも励ましてくれる気持ちだけでも伝わって来れば本当に保てたんだろうなって。

もぐさん家の場合は旦那ともぐさんの物理的距離が空きすぎてしまい、次第に旦那の気持ちからももぐさんが消えていってしまっていたようです。

自然消滅です。悲しいですね。とは言っても子供は待ってくれませんので、本当にこれからなんとか頑張らないとです。

幸いライターの仕事もそこそこ入ってきてくれているので、このまま在宅ワーカーでもそれなりの生活力は保てそうです。

当然本音としてはやり直したいですが…

この辺の細かい部分については次回あたりにアップしたいと思います。その前に元鞘に戻れたらそっとしまっておきます。

妊娠後期にやったらまず信頼がなくなります

当然といえば当然ですが、妊娠後期に不安にさせる言動が多ければ信頼はなくなります。

浮気なんて言語道断です。

大変な時に、本当に自分が大事なのかどうかわからないから大事なら面倒でも教えてほしい。

そうした言葉をすべて無視して無関心。当事者からしてこれ程につらい事はありません。

個人的に旦那ともとに戻ったとしても、おそらく信頼は戻りません。だからこそ、もしこれを読んでいる人の中で将来を大事に考えているパートナーがいる人に知ってほしいんです。

想像しているよりも遥かにメンタルはもっていかれます。甘えでもなんでもありません。

この時にしっかり相手に向き合えるかどうかで、その後の信頼が大きく変わります。

「自分の方が追い込まれている、お前に構ってやってる暇はない」

在宅で出産費用も貯めつつ、不調の体にムチ打ちながら必死に自分を保ってきた自分に投げかけられた一言です。

戻って好きになるのは早くても、当時のような信頼を戻すにはかなりの時間がかかると思います。人によっては一生戻りません。

そしてどんな酷な状況になっても妊娠したパートナーを守る自信がないのであれば、種なんて撒くんじゃねえ。

もぐさん再構築上手くいかなかったらそのままブログのネタにしてやろうとおもってますw

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です